ブログ

アートミステリー小説 私的おすすめ 《マルセル》 高樹のぶ子著

昨日のブログでご紹介したアートミステリー小説私的ランキング第1位《マルセル》(高樹のぶ子著)について、もう少し絵画的インフォメーションをお伝えしたいと思います。ちなみに、この小説のタイトル《マルセル》はロートレックの作品の題名です。

絵画好きで展覧会を生業としてきた私は、アートをテーマにした小説をときどき読むことがあります。

ほとんどの場合は贋作がテーマとなっています。この手の本は読んでいる最中はそれなりに面白いのですが、読後には何も残らないのが常です。エンターテインメントだからそれで十分といえばそれまでですね。

そんな中、なぜか芥川賞作家の大御所とも言える高樹のぶ子に「マルセル」という絵画ミステリー小説があります。

この小説は1968年12月、京都国立近代美術館で開催中のロートレック展から「マルセル」という絵画が盗まれたという前代未聞の事件を題材にしています。実際の事件は7年で時効が成立し、直後に絵は出てきたものの犯人はつかまっていないというなかなかに謎の多い事件でした。

小説はひょんなことから真犯人を捜すはめになった女性新聞記者が主人公でストーリーが展開します。もちろん贋作も絡んできます・・・

話の展開はさておき、さすが高樹のぶ子さんだけあって登場人物の造形力が素晴らしく、アートミステリー的な他の作品とは一線を画しています。

以下、小説のタイトルとなっている《マルセル》についての情報です。

まず、日本の展覧会で盗難にあったロートレックの絵はこの絵です!

マルセル(Marcelle) 厚紙に油彩で描かれています(1894年作)。大きさは46.5 x 29.5 cmですから、すごい小品というわけでもありませんね。額縁もありますから、ひょいと盗める大きさではないように思われますが・・・ちなみに所蔵はフランス、アルビのトゥールーズ・ロートレック美術館です。

マルセル(Marcelle)というのは描かれた女性の名前です。

モデルは女優で歌手、ダンサーのマルセル・ランデ(Marcelle Lender)だと言われています。

オペレッタ《シルペリック》のボレロを踊るマルセル・ランデ
油彩/カンヴァス 145 x 149 cm 1895 – 96年
ワシントン・ナショナル・ギャラリー

 

下の作品は1895年制作のリトグラフで、タイトルは《マルセル・ランデの胸像》、大きさは32.5 x 24.2 cm(第2ステート) です。

絵のモデルに関しては他の説もあるようですが、下の2作のマルセル・ランデに描かれた鼻梁がながくて少し反った感じからは女優のマルセル説に説得力があります。

ちなみに、マルセル・ランでの写真です。

絵をしゃべろう!大人の絵画鑑賞をオンラインで気軽に実践してみませんか?

【楽しく学べる対話型アート鑑賞】アンリ・ルソー入門



ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  3. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…

関連記事

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(4)《レストランの内部》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  2. ブログ

    ルノワール 《ピアノに寄る少女たち》

    ルノワール(1841 - 1919)《ピアノによる少女たち…

  3. ブログ

    ウォーターハウス 《オフィーリア》

    ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作  《オフィーリア》…

  4. ブログ

    ファシリテーターが一番成長する!

    いつも様々な講座にご参加いただきありがとうございます。7月の対…

  5. ブログ

    ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を連想したこと。

    ただいま東京、上野の森美術館でゴッホ展が開催中です。(2019年10月…

  6. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(メイン・ストーリー)

    今日は、《大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞を考える》の本編(メイン・ス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. ブログ

    「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝。この画家の名前読めますか?
  2. ブログ

    《没後90年記念 岸田劉生展》始まる! 私的、鑑賞のポイント
  3. ブログ

    ウォーターハウス 《オフィーリア》
  4. ブログ

    ルノワール 《ピアノに寄る少女たち》
  5. 講座開催のお知らせ

    〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
PAGE TOP