ブログ

ルノワール 《ピアノに寄る少女たち》

ルノワール(1841 – 1919)
《ピアノによる少女たち》1892年 油彩/カンヴァス 116 x 90 cm
オルセー美術館

この作品は、2016年に国立新美術館で開催されたオルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵《ルノワール展》のハイライト作品のひとつでしたから、覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか!

1891年末に当時の現代美術館であったリュクサンブール美術館からの制作依頼を受けたルノワールは、この絵とほぼ同じ構図の絵を5枚描いたと言われています。最終的にリュクサンブール美術館が買い上げたのが、現在はオルセー美術館の所蔵となっているこの絵です。

残りの4枚のうちこの絵にもっとも近いのがメトロポリタン美術館所蔵の作品です。


メトロポリタン美術館

細部が省略化されているのがオランジュリー美術館所蔵のものです。


オランジュリー美術館

これまで私の絵画鑑賞講座では、これらの絵の比較鑑賞をやりましたが、オランジュリー美術館の細部が省略化された作品の人気が意外に高かったです!


#ルノワール #オーギュストルノワール #ピエールオーギュストルノワール #ピアノに寄る少女たち  #オルセー美術館 #メトロポリタン美術館 #オランジュリー美術館 #リュクサンブール #リュクサンブール美術館

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  3. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

  1. ブログ

    《ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 ♠ KING & QUE…

    今日は面白いことに気づきました!!!東京上野のロンドン・ナショ…

  2. ブログ

    ギュスターヴ・モローの《出現》= サロメについて

    ギュスターヴ・モローは1826年にパリで生まれて、1898年に72歳で…

  3. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(9)《レモン籠と瓶》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  4. ブログ

    おすすめ情報!!「アート&コミュニケーションで鍛える 先がみえない時代のサバイバル術」

    日本における「対話によるアート鑑賞」普及最大の功労者、京都造形芸術大学…

  5. ブログ

    《ボテロ展 ふくよかな魔法》に行ってきました!

    渋谷の Bunkamura ザ・ミュージアムのボテロ展に行ってきました…

  6. ブログ

    アンドプレミアム8月号「心を揺さぶる、アートの力。」のご紹介(&Premium)

    マガジンハウスのライフスタイル情報誌《& Premium(アンドプレミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. 講座開催のお知らせ

    1月3日(日)13:30 – 15:30 開催:【特別講座】お正月に…
  2. 講座開催のお知らせ

    11月27日(金)開催:【はじめての対話型アート鑑賞】ミレー入門
  3. ブログ

    アンドプレミアム8月号「心を揺さぶる、アートの力。」のご紹介(&Pre…
  4. 講座開催のお知らせ

    1月28日(金)オンライン開催【楽しく学べる対話型アート鑑賞】ボッティチェリ入門…
  5. 講座開催のお知らせ

    3月7日(土)開催 土曜日午後の講座 ビジネスパーソン 〜 大人の対話型絵画鑑賞…
PAGE TOP