ブログ

ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を連想したこと。

ただいま東京、上野の森美術館でゴッホ展が開催中です。(2019年10月11日〜2020年1月13日)

ゴッホ展の公式サイトはこちらから

この展覧会ではゴッホの人生を変えた2つの出会いと題して、オランダ・ハーグでのハーグ派、フランス・パリでの印象派との出会いをテーマにしています。これらの出会いを経て南仏アルルに行ったゴッホはわずか2年あまりの間にわたしたちが知る《アルルの跳ね橋》、《ひまわり》、《夜のカフェテラス》、《星月夜》など多数の傑作をものしていきます。

ゴッホは1888年2月20日にアルルに到着しました。アルルの澄んだ空気と明る色彩に感動したゴッホは、ほどなく《アルルの跳ね橋》を制作します。そして春の訪れとともに様々な果物の花が咲き乱れる果樹園のシリーズを描き始めますが、その中に《ピンク色の桃の樹(モーブの思い出)》という有名な絵があります。

ピンク色の桃の樹
(モーヴの思い出)
73 x 60 cm 1888年
オランダ、クレーラー=ミューラー美術館

 

ところで、この絵のタイトルのかっこの中「モーヴの思い出」ってなんでしょう?

画面左下のサインの上に「Souvenir de Mauve」とフランス語が書かれていますが、この訳が「モーヴの思い出」です。

実はこれ、ゴッホの従姉妹の夫の名前なんですね!要するにゴッホの義理の従兄弟。ゴッホがオランダやイギリスを転々として落ち着かない生活をしていた時に、オランダのハーグで面倒を見た人です。

アントン・モーヴ(オランダ語ではマウフェ 1838-1888年)はゴッホより15歳年長で、27歳のゴッホが彼を頼った時はすでにハーグ派の主要画家として活躍していました。

浜辺の朝の乗馬
1876年  45 x 70 cm
アムステルダム国立美術館

 

当初、モーヴはゴッホに油彩や水彩の手ほどきをしたり、画家サークルに紹介したりと親切に面倒をみました。しかし、身重の娼婦シーンとの同棲などゴッホの奇矯な行動のせいかだんだん縁遠くなってしまいました。しかし、ゴッホはその後もモーヴに対して尊敬と感謝の念をいだき続けていたようです。

1888年3月末、ゴッホがこの《ピンク色の桃の樹》を描き終えた日の夕方、妹からモーヴが2月に亡くなったことを知らせる手紙が届きました。そしてゴッホはこの絵をモーヴに捧げることに決めたのです。

ゴッホのテオ宛の手紙(1888年4月1日)によると、ゴッホはこの絵に《モーヴの思い出 ヴィンセントとテオ Souvenir de Mauve  Vincent & Theo》と署名しました。そしてテオさえよければその形でモーヴ夫人に送ろうと提案しています。ただよく見ると、現在のこの絵にはヴィンセント(Vincent)としか署名されていません。おそらくテオに言われてゴッホがテオの名前は消したと推測されています。《絵に物語あり》ですね!

大人の対話型鑑賞をオンラインで気軽に楽しんでみませんか!
講座の開催スケジュール(プロトマニア)

講座の開催スケジュール(vts-platform)

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  3. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(2)《黄色い家》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  2. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。☆モヤモヤ感を解消するために(ポスト・スクリプ…

    前回は私が九段下のプロトマニアを中心に《ビジネスパーソンのための絵画鑑…

  3. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(1)《夜のプロヴァンスの田舎道》…

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  4. ブログ

    「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝。この画家の名前読めますか?

     10月25日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。…

  5. ブログ

    ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?!(スコットランド国立美術館)

    ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?(スコットランド国立美術館…

  6. ブログ

    ルノワール 《ピアノに寄る少女たち》

    ルノワール(1841 - 1919)《ピアノによる少女たち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    イッキ描きの画家・菊地理氏の個展。9月24日(火)〜30日(月)
  2. 講座開催のお知らせ

    9月27日(日)開催 第74回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱…
  3. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:人気講座! 11月20日(土)・21日(日)【対話型アート鑑賞】ファシ…
  4. 講座開催のお知らせ

    3月6日(金)開催 夜の講座 ビジネスパーソン 〜 大人の対話型絵画鑑賞
  5. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。☆モヤモヤ感を解消するため…
PAGE TOP