ブログ

《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(7)《善きサマリア人(ドラクロワによる)》

《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪♪♪

《サン=レミの療養院の庭》に続いてご紹介するのは《善きサマリア人(ドラクロワによる》です。

善きサマリア人(ドラクロワによる)
1890年5月 油彩/カンヴァス 73 x 59.5 cm
クレーラー=ミュラー美術館

世間を騒がせた《耳切事件》のあと、アルルに居場所のなくなったゴッホは郊外のサン=レミにある精神療養院で1年ほどの療養生活を送ります。

そこでゴッホは特別に絵を描く部屋を与えられていたとは言え、自由に敷地外に出て絵を描くことはできませんでした。

そんなこともあって、サン=レミ時代の彼はミレー、ドーミエ、レンブラント、ドラクロワなどの模写を多く制作しています。

ただし、もとになるのは、白黒版画による複製です。したがって、色彩に関してはゴッホが即興で想像して彩色をしています。

ですから、この《善きサマリア人》もオリジナルのドラクロワの色彩とゴッホの色彩とでは相当違うはずです。

ということで、ドラクロワの《善きサマリア人》の色彩とゴッホ彩色とを比較してみると面白いかも知れませんね。

いかがですか?

ドラクロワの絵では暴漢に襲われて傷ついた旅人を救うサマリア人の服の赤色が背景の緑との補色対比でいかにも鮮やかです。

一方、ゴッホはサマリア人の服を黄色にしています。そして、傷ついた旅人の服を青にし、背景を青紫色にして補色の効果を演出しています。

ドラクロワは緑と赤、ゴッホは黄と青紫と異なりますが、補色の組み合わせの効果(補色コーデ)という点ではゴッホの模写は完全にドラクロワへのオマージュになっています。ドラクロワの巧みな補色の使い方を称賛していたゴッホの面目躍如ですね。

ところで、ドラクロワとゴッホの絵では左右が逆になっていますよね。これは、ゴッホが見た白黒版画は左右逆版で刷られていたからなんですね。

【広告】

 

#ゴッホ #ゴッホ展 #上野 #ドラクロワ #模写 #善きサマリア人#東京都美術館 #ゴッホ展アンバサダー #浜辺美波 #はまべみなみ #クレーラーミュラー美術館 #対話型鑑賞 #絵画鑑賞

 

 

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(2)《黄色い家》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  2. ブログ

    パウル・クレーのチュニジア旅行《色彩画家宣言》と第一次世界大戦の勃発

    パウル・クレーのチュニジア旅行《色彩画家宣言》と第一次世界大戦の勃発…

  3. ブログ

    エドゥアール・マネ  《草上の昼食》

    今日の作品エドゥアール・マネ(1832 - 1883)《草上の…

  4. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《楽園のカンヴァス》 原田マハ著

    先日のブログでご紹介したアートミステリー小説 私的ランキング第2位《楽…

  5. ブログ

    《没後90年記念 岸田劉生展》始まる! 私的、鑑賞のポイント

    8月31日から東京ステーションギャラリーで始まる《没後90年記…

  6. ブログ

    ロートレック《マルセル》から三菱一号館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」へ、そして…

    昨日のブログ《アートミステリー小説 私的ランキング 『マルセル』高樹の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    第11回のテーマ:ティツィアーノとヴェネツィア派 / 《これまで誰も教えてく…
  2. ブログ

    ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  3. (c) hugo's Ltd.

    ブログ

    対話型鑑賞ファシリテーター養成集中講座(オンライン、リアル)のすすめ
  4. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(1)《夜のプ…
  5. ブログ

    イッキ描きの画家・菊地理氏の個展。9月24日(火)〜30日(月)
PAGE TOP