ブログ

《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(7)《善きサマリア人(ドラクロワによる)》

《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪♪♪

《サン=レミの療養院の庭》に続いてご紹介するのは《善きサマリア人(ドラクロワによる》です。

善きサマリア人(ドラクロワによる)
1890年5月 油彩/カンヴァス 73 x 59.5 cm
クレーラー=ミュラー美術館

世間を騒がせた《耳切事件》のあと、アルルに居場所のなくなったゴッホは郊外のサン=レミにある精神療養院で1年ほどの療養生活を送ります。

そこでゴッホは特別に絵を描く部屋を与えられていたとは言え、自由に敷地外に出て絵を描くことはできませんでした。

そんなこともあって、サン=レミ時代の彼はミレー、ドーミエ、レンブラント、ドラクロワなどの模写を多く制作しています。

ただし、もとになるのは、白黒版画による複製です。したがって、色彩に関してはゴッホが即興で想像して彩色をしています。

ですから、この《善きサマリア人》もオリジナルのドラクロワの色彩とゴッホの色彩とでは相当違うはずです。

ということで、ドラクロワの《善きサマリア人》の色彩とゴッホ彩色とを比較してみると面白いかも知れませんね。

いかがですか?

ドラクロワの絵では暴漢に襲われて傷ついた旅人を救うサマリア人の服の赤色が背景の緑との補色対比でいかにも鮮やかです。

一方、ゴッホはサマリア人の服を黄色にしています。そして、傷ついた旅人の服を青にし、背景を青紫色にして補色の効果を演出しています。

ドラクロワは緑と赤、ゴッホは黄と青紫と異なりますが、補色の組み合わせの効果(補色コーデ)という点ではゴッホの模写は完全にドラクロワへのオマージュになっています。ドラクロワの巧みな補色の使い方を称賛していたゴッホの面目躍如ですね。

ところで、ドラクロワとゴッホの絵では左右が逆になっていますよね。これは、ゴッホが見た白黒版画は左右逆版で刷られていたからなんですね。

 

 

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy



楽しく勉強できる!オンライン家庭教師



#ゴッホ #ゴッホ展 #上野 #ドラクロワ #模写 #善きサマリア人#東京都美術館 #ゴッホ展アンバサダー #浜辺美波 #はまべみなみ #クレーラーミュラー美術館 #対話型鑑賞 #絵画鑑賞

 

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  3. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…

関連記事

  1. ブログ

    アンナミラーズ閉店で知った井村屋のアート思考的経営方法

    スポンサーリンク2022年8月31日 さよなら《アンナ…

  2. ブログ

    ロートレック《マルセル》から三菱一号館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」へ、そして…

    昨日のブログ《アートミステリー小説 私的ランキング 『マルセル』高樹の…

  3. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(1)《夜のプロヴァンスの田舎道》…

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  4. ブログ

    絵画鑑賞の力がつけばイッキ描きの絵の良さがわかるというお話

    イッキ描きとは何か?イッキ描きとは耳慣れない言葉ですね!それも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:無料オンライン白熱講座(トライアル版)を開催します!
  2. 講座開催のお知らせ

    1月6日(水)20:30 – 22:00 開催:ロートレック入門
  3. 講座開催のお知らせ

    1月28日(金)オンライン開催【楽しく学べる対話型アート鑑賞】ボッティチェリ入門…
  4. 講座開催のお知らせ

    10月30日(金)オンライン開催【楽しく学べる対話型アート鑑賞】カラヴァッジョ入…
  5. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:8月28日(金)20:30 – 22:00 オンライン開催…
PAGE TOP