ブログ

東京都美術館で《マティス展》が絶賛開催中!

東京都美術館で《マティス展》が絶賛開催中!
2023年4月27日〜8月20日

東京都美術館でゴールデンウィーク直前に始まった《マティス展》が早くも絶好調のようです!
(8月20日までやってるからなどと思わないで早めに行った方がいいかも知れませんよ)

ポンピドゥー・センターの全面協力を得て開催というだけあって、素晴らしい内容の展覧会ですね。

カタログは表紙が3種類あって、3300円(税込)と少々お高いのですが、3冊買うしかないか!と一瞬思うくらいの素敵なデザインです。

表紙の絵は1番目《黄色と青の室内》、2番目《座るバラ色の裸婦》、3番目《金魚鉢のある室内》

結局は私は《黄色と青の室内》が表紙のカタログを買いましたが、大満足です。

グッズもひさしぶりに触手が動くぞと思ったら、ポンピドゥー・センターのオリジナルのようです。
やっぱり違いますね!

それにしても見終わったあと、なんと気分のいい展覧会なんでしょう!
ふと、「マティスって、嫌いな人いるのかな?」と思いました。

ピカソは嫌いな人もいると思うけど、マティスを嫌いな人はいなさそうですね。

マティスはピカソと並んで、20世紀美術の道を切り拓いた巨匠中の巨匠。造形的にも難しいことに挑戦し続けたイメージですが、その厳しい探求の結果創造された作品が本当に気持ちのいいものばかりですよね。

そして、その象徴がヴァンスのロザリオ礼拝堂

「芸術とは疲れた体を癒す心地よい肘掛け椅子のようなものでなければならない」
というマティスの言葉を実感できた展覧会でした。

 
【広告】
《マティスの生涯と創作にちょっと変わった形でアプローチしてみたい方にオススメです》

《ニース美術館館長(出版当時)の詳しい解説を読みたい方にオススメです》

《オーソドックスにマティス入門書を読みたい方にオススメです》

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

  1. ブログ

    《没後90年記念 岸田劉生展》始まる! 私的、鑑賞のポイント

    8月31日から東京ステーションギャラリーで始まる《没後90年記…

  2. ブログ

    ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?!(スコットランド国立美術館)

    ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?(スコットランド国立美術館…

  3. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(2)《黄色い家》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  4. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(6)《サン=レミの療養院の庭》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  5. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(4)《レストランの内部》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    《没後90年記念 岸田劉生展》始まる! 私的、鑑賞のポイント
  2. ブログ

    ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?!(スコットランド国立美術館)
  3. ブログ

    《みちのくいとしい仏たち》展、オススメです!
  4. ブログ

    《ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 ♠ KING …
  5. ブログ

    東京都美術館の《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》まもなく終了です!…
PAGE TOP