ブログ

《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(8)《サント=マリー=ド=ラ=メールの海景》

《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪♪♪

《善きサマリア人(ドラクロワによる》に続いてご紹介するのは《サント=マリー=ド=ラ=メールの海景》です。

サント=マリー=ド=ラ=メールの海景
1888年6月 油彩/カンヴァス 50.5 x 64.3 cm
ファン・ゴッホ美術館

この作品はクレーラー=ミュラー美術館の作品ではなくてファン=ゴッホ美術館からの出展作品です。

ということは、へレーネ・クレーラー=ミュラーさんのコレクションではなくて、ゴッホの遺族のコレクションということになります。

 

ゴッホは、1888年5月末から6月初めにかけて約1週間地中海沿いの漁村サント=マリ=ド=ラ=メールに滞在します。

彼はテオ宛の手紙(6月3日あるいは4日)に次のように書いています。

「持ってきた3枚のカンヴァスのうち、2枚には海の絵を描き、1枚に村の風景を描いた」

この2枚の海の絵の1枚がこの絵です。

今回の展覧会にはここで言及されている村の風景も出展されています。

サント=マリー=ド=ラ=メールの眺め

こちらはクレーラー=ミュラー美術館の所蔵です。

同じテオ宛の手紙の中で、ゴッホはここの海の色について次のように描写しています。

「地中海はサバのような色。そう、変幻極まりない。緑かと思ったら紫だったり、青かと思ったら次の瞬間には光の反射が変わってピンクに見えたり灰色に見えたりするんだ」

その青とも緑とも紫ともつかない海の色の様子が見事に表現されていますね。

対話型鑑賞講座の詳細、お申し込みはこちらからどうぞ

【広告】

 

#地中海 #ゴッホ #ゴッホ展 #上野 #東京都美術館 #ゴッホ展アンバサダー #浜辺美波 #はまべみなみ #対話型鑑賞 #絵画鑑賞 #絵画鑑賞好き

 

 

 

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ)

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ編)…

  2. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(2)《黄色い家》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  3. ブログ

    対話型鑑賞に興味のある人必読の本 《対話型鑑賞のこれまでとこれから》淡交社

    今日はおすすめの本をご紹介します。《対話型鑑賞のこれま…

  4. ブログ

    ルドゥーテのバラ図譜、フォリオ判とオクタヴォ判の違いを知ろう!

    《ロサ・インディカ・クルエンタ》のフォリオ判(右)とオクタヴヴォ判…

  5. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(7)《善きサマリア人(ドラクロワ…

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  6. ブログ

    エドゥアール・マネ  《草上の昼食》

    今日の作品エドゥアール・マネ(1832 - 1883)《草上の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    ルノワール 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞闘会》
  2. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(6)《サン=…
  3. ブログ

    ルノワール 《ピアノに寄る少女たち》
  4. ブログ

    東京都美術館の《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》まもなく終了です!…
  5. ブログ

    パウル・クレーのチュニジア旅行《色彩画家宣言》と第一次世界大戦の勃発
PAGE TOP