ブログ

ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?!(スコットランド国立美術館)

ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?(スコットランド国立美術館)

7月14日、フランス革命記念日(パリ祭)に、イギリスのエディンバラにある、スコットランド国立美術館で、これまで知られていなかったヴァン・ゴッホの自画像が発見されたというニュースが飛び込んできました。

と言っても、新たな自画像そのものがみつかった訳ではありません。同館が、所蔵するゴッホ初期の作品《農婦の頭部》の裏面にX線をあてたところ、ゴッホの自画像と思われるスケッチがX線画像で確認されたというお話です。


農婦の頭部 1885年 46.3 x 35.3 cm


Photo: National Galleries of Scotland 《An x-ray image of the hidden Van Gogh self-portrait》

ゴッホがカンヴァス代を節約するために裏面にも絵を描いたと言うのはよく知られています

この《農婦の頭部》には厚紙が膠で貼り付けられており(いわゆる「裏打ち」ですね)、実際の自画像を見るにはそれらを丁寧に除去する必要があるとのことです。

将来的にはスコットランド美術館もそうすると思われます。だって、スケッチとは言え、ゴッホの未知の絵が神様から1枚寄付されたようなものですからね!

ところで、スコットランド国立美術館といえば、つい先日まで同館所蔵の名作で構成された《The Greats 美の巨匠たち》展が東京都美術館で開催されていました。ちなみに、7月15日からは神戸市立博物館で、10月4日からは北九州市立美術館で開催されます。

もちろんこの展覧会にゴッホの《農婦の頭部》は出展されていませんが、実は私は展覧会プロデューサーとして、1903年に日本で開催された《スコットランド国立美術館展》を企画・オーガナイズしました。

1993年に企画した《スコットランド国立美術館展》のカタログの表紙

この時には、ゴッホの《オリーヴの樹》とともにこの《農婦の頭部》が出展されていました。

ということで、個人的にも大注目のニュースでした。

あなたも、大人の対話型絵画鑑賞を気軽に楽しんでみませんか?
講座の開催スケジュール(プロトマニア)

講座の開催スケジュール(vts-platform)】

【広告】


ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(8)《サント=マリー=ド=ラ=メ…

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  2. (c) hugo's Ltd.

    ブログ

    対話型鑑賞ファシリテーター養成集中講座(オンライン、リアル)のすすめ

    ますます注目される対話型鑑賞(VTS)山口周さんの《世界のエリ…

  3. ブログ

    東京都美術館で《マティス展》が絶賛開催中!

    東京都美術館で《マティス展》が絶賛開催中!2023年4月2…

  4. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《名画狩り》 トマス・ホーヴィング

    トマス・ホーヴィングと聞いてピンとくる人はかなりのアート通、美術館通で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(6)《サン=…
  2. ブログ

    SOMPO美術館 《ゴッホと静物画》展から ゴッホの《靴》について
  3. ブログ

    エドゥアール・マネ  《草上の昼食》
  4. ブログ

    ギュスターヴ・モローの《出現》= サロメについて
  5. ブログ

    「絵を見る力」を鍛えて絵画鑑賞を本当の趣味にしよう!
PAGE TOP