ブログ

アートミステリー小説 私的おすすめ 《名画狩り》 トマス・ホーヴィング

トマス・ホーヴィングと聞いてピンとくる人はかなりのアート通、美術館通です!

だいぶ前の話ですが、《ミイラにダンスを踊らせて》というメトロポリタン美術館の内幕を暴いた(?)本が話題になりました。ちょっと刺激的なタイトルもそうですが、著者がメトロポリタン美術館元館長ということでも注目されました。その本の著者がそう、トマス・ホーヴィング氏です。この本の帯には《美術館の運営もGMの運営もかわりはない!沈滞しきったメットをアメリカ最大の美術館に仕立て上げた元館長が語る興味つきない回想録。》とあります。

ちなみにメット(MET)はメトロポリタン美術館の愛称。ニューヨーク近代美術館をモマ(MoMA)と呼ぶのといっしょですね。

そのトマス・ホーヴィング氏が書いたのがこのアートミステリー小説《名画狩り》です。元メットの館長が書いた小説だからおかたいんだろうなと思いましたが、いやいやなかなか面白かったです!

魅力の第一はやはり、著者の経験がものを言っているというか、メトロポリタン美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、ロンドン・ナショナル・ギャラリーなどなど世界の一流美術館の館長だとかキュレーター、トラスティー(理事会)のメンバーの大富豪たち、オークショニア、怪しげな貴族のビッグコレクターなど登場人物がインターナショナルでバラエティに富んでいることです。

そして意外に楽しかったのが、頭脳明晰、タフネゴシエーターでおまけにセレブな主人公2人が世界をまたにかけて展開する恋愛ストーリー。まさにハーレクイン・ロマンの世界です。

アート・ミステリーとハーレクイン・ロマンの一粒で二度おいしい小説でした。

ちなみに、主題となっているのはベラスケスの名画なんですが、これがなんとロンドン・ナショナルギャラリー所蔵の《鏡のヴィーナス》・・・ではなくて、この絵の別ヴァージョンで正面向き、ということはもっと官能的な《侯爵令嬢》という架空の名画。

ディエゴ・べラスケス
《鏡のヴィーナス》
油彩/カンヴァス 122.5 x 177 cm
ロンドン・ナショナル・ギャラリー

 

うーん、この絵の正面向きの絵があったらそれはやっぱり見たい気がしますね!

それでは、せっかくベラスケスが鏡を使って正面の顔も見せるという工夫の意味がなくなってしまいますが・・・

それにしても、私はこの小説を読むまでこの絵にさほど注目をしていなかったのですが、こうしてよく見ると女性の背中の表現がめちゃくちゃリアルですね!艶めかしいというか。

そう言えば、この絵は1914年に婦人参政権論者の過激女性活動家によって切りつけられたという災難にあっています。彼女いわく「男性客たちがこの絵に長い時間見とれているのが我慢ならなかった」

ちなみにこの絵はイギリスやアメリカでは《鏡のヴィーナス》ではなくて、《ロックビーのヴィーナス》(The Rockeby Venus)と呼ばれているらしく、この小説の中でもそう呼ばれています。ロックビーというのはこの絵が飾られていたカントリー・ハウスの名前です。今後は《ロックビーのヴィーナス》と呼ぶことにしようかな。

 

絵をしゃべろう!大人の絵画鑑賞をオンラインで気軽に実践してみませんか?

10月4日(日)にアンリ・ルソーの対話型鑑賞講座も開催します。これまでにすでに10回開催実績のある人気講座です。

10月4日(日)開催・ルソンのオンライン入門講座へのご案内はこちらからどうぞ

10月14日(水)開催:【楽しく学べる対話型アート鑑賞】 VTSプラスで絵を観よう!(テキストつき)

10月18日(日)開催:ルドンのオンライン入門講座のご案内へはこちらからどうぞ

 

 

 

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  3. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. ブログ

    ルノワール 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞闘会》

    ルノワール(1841 - 1919)《ムーラン・ド・ラ・ギ…

  2. ブログ

    「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝。この画家の名前読めますか?

     10月25日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。…

  3. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ)

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ編)…

  4. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(5)《石膏像のある静物》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  5. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(4)《レストランの内部》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  6. ブログ

    ウォーターハウス 《オフィーリア》

    ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作  《オフィーリア》…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:5月14日(金)20:30-22:00 オンライン開催【楽しく学べる対…
  2. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《名画狩り》 トマス・ホーヴィング
  3. 講座開催のお知らせ

    11月2日(土)《ビジネスパーソンのための絵画鑑賞》VTSなど対話型鑑賞の実践講…
  4. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:7月10日(金)20:30 – 22:00【はじめての対話…
  5. ブログ

    「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝。この画家の名前読めますか?
PAGE TOP