ブログ

ウォーターハウス 《オフィーリア》

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作  《オフィーリア》

《オフィーリア》と言えば、ほとんどの人がテート・ブリテンにあるラファエル前派のジョン・エヴァレット・ミレイの作品を思い浮かべると思います。

しかし、ウォータハウスの描いたこの《オフィーリア》も忘れることができない名作です。

おまけにウォーターハウスはあともう2点《オフィーリア》を描いています。そして、どれも忘れられない魅力に満ちています。

ウォーターハウスはミレイたちラファエル前派より少し後の世代の画家です。

詩や神話に登場する女性像を多く描き、そのどれもが独特の詩情にあふれ、造形的にも高い完成度を誇る作品ばかりです。

イギリスでは超有名な大家ですが、日本では知る人ぞ知るといった存在です。我が国ではこれまで《ヴィクトリア朝の絵画》というくくりの中で僅かな作品が紹介されたくらいで、大規模なワンマンショウが開催されていないのが原因です。

今週の金曜日にvts-platformでウォーターハウスの対話型鑑賞講座を開催します。

10月22日(金)20:30 – 22:00

 【対話型アート鑑賞 特別講座】ウォーターハウス 

〜詩の世界に棲む美女たちを現出させたすごい画家〜

講座の詳細、お申込みはこちらからどうぞ

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  3. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…

関連記事

  1. ブログ

    ルノワール 《アルジェリア風のパリの女たち》

    今日ご紹介するルノワールの絵はこれです。《アルジェリア風の…

  2. ブログ

    ロートレック《マルセル》から三菱一号館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」へ、そして…

    昨日のブログ《アートミステリー小説 私的ランキング 『マルセル』高樹の…

  3. ブログ

    ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を連想したこと。

    ただいま東京、上野の森美術館でゴッホ展が開催中です。(2019年10月…

  4. ブログ

    「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝。この画家の名前読めますか?

     10月25日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。…

  5. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(5)《石膏像のある静物》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  6. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(7)《善きサマリア人(ドラクロワ…

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. ブログ

    エドゥアール・マネ  《草上の昼食》
  2. 未分類

    お知らせ:6月28日(日)10:30 – 12:00【はじめての対話…
  3. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(4)《レスト…
  4. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《マルセル》 高樹のぶ子著
  5. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:5月1日開催。《絵をしゃべろう!!「絵画鑑賞 白熱講座オンライン」<ル…
PAGE TOP