ブログ

アートミステリー小説 私的おすすめ 《楽園のカンヴァス》 原田マハ著

先日のブログでご紹介したアートミステリー小説 私的ランキング第2位《楽園のカンヴァス》(原田マハ著)は、私の絵画鑑賞講座に参加される方の中にも「読みました。面白かったです!」という方が多いですね。

主人公が地方の美術館で監視員をしている女性(実は過去新進気鋭の美術史研究者)、その主人公にからむのがMoMA(ニューヨーク近代美術館)の昇進意欲に満ちたアシスタント・キュレーター、そして二人を引き合わせることになるのがスイスのバーゼルにある美術財団の創設者で伝説のアート・コレクターということで、MoMAや地方有名私立美術館の話が出てきたり、地方新聞の文化事業部の部長の話で展覧会の仕組みに少し触れたりとアートや展覧会に興味のある方にはなかなかエンタメ性に富んでいます。

そして、バーゼルの地で伝説のコレクターによって主人公の二人に提示されるのが、ニューヨークのMoMAにあるはずのアンリ・ルソーの代表作《夢》!とミステリー度も抜群です。これだけでも面白く読めそうです!

アンリ・ルソー 《夢》 油彩/カンヴァス 204.5 x 298.5 cm                                                                                  1910年 MoMA(ニューヨーク近代美術館)

小説の中ではときどき時代がスリップして、アンリ・ルソーその人やこの《夢》の画中で裸でソファーに横になっている女性ヤドヴィカも登場します。

ところでMoMAと言えば、最近話題の対話型鑑賞VTS(Visual Thiking Strategies)の原型 となったVTC(Visual Thinking Curriculum)が開発された対話型鑑賞の原点のようなところですね。

【オンライン対話型鑑賞のプラットフォーム】では様々な絵画鑑賞プログラムやイベントを開催しています。

講座の開催スケジュール(プロトマニア)

講座の開催スケジュール(vts-platform)

 

ピックアップ記事

  1. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  3. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. ブログ

    ヴィクトリア朝の画家・ウォーターハウス のオフィーリア3点と代表作10選

    ほとんどの美術好きの人がはまってしまう画家、19世紀イギリス、ヴィクト…

  2. ブログ

    エドゥアール・マネ  《草上の昼食》

    今日の作品エドゥアール・マネ(1832 - 1883)《草上の…

  3. ブログ

    ルノワール 《アルジェリア風のパリの女たち》

    今日ご紹介するルノワールの絵はこれです。《アルジェリア風の…

  4. ブログ

    「絵を見る力」を鍛えて絵画鑑賞を本当の趣味にしよう!

    展覧会が大好き。だけど、「絵画鑑賞が趣味です!」と言うのに…

  5. ブログ

    ルノワール 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞闘会》

    ルノワール(1841 - 1919)《ムーラン・ド・ラ・ギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:人気講座! 11月20日(土)・21日(日)【対話型アート鑑賞】ファシ…
  2. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。☆モヤモヤ感を解消するため…
  3. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:5月13日(金)オンライン開催【対話型アート鑑賞・特別講座(ロングバー…
  4. ブログ

    第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  5. 講座開催のお知らせ

    7月24日(金)20:30 – 22:00 オンライン開催【はじめて…
PAGE TOP