ブログ

アートミステリー小説 私的おすすめ 《楽園のカンヴァス》 原田マハ著

先日のブログでご紹介したアートミステリー小説 私的ランキング第2位《楽園のカンヴァス》(原田マハ著)は、私の絵画鑑賞講座に参加される方の中にも「読みました。面白かったです!」という方が多いですね。

主人公が地方の美術館で監視員をしている女性(実は過去新進気鋭の美術史研究者)、その主人公にからむのがMoMA(ニューヨーク近代美術館)の昇進意欲に満ちたアシスタント・キュレーター、そして二人を引き合わせることになるのがスイスのバーゼルにある美術財団の創設者で伝説のアート・コレクターということで、MoMAや地方有名私立美術館の話が出てきたり、地方新聞の文化事業部の部長の話で展覧会の仕組みに少し触れたりとアートや展覧会に興味のある方にはなかなかエンタメ性に富んでいます。

そして、バーゼルの地で伝説のコレクターによって主人公の二人に提示されるのが、ニューヨークのMoMAにあるはずのアンリ・ルソーの代表作《夢》!とミステリー度も抜群です。これだけでも面白く読めそうです!

アンリ・ルソー 《夢》 油彩/カンヴァス 204.5 x 298.5 cm                                                                                  1910年 MoMA(ニューヨーク近代美術館)

小説の中ではときどき時代がスリップして、アンリ・ルソーその人やこの《夢》の画中で裸でソファーに横になっている女性ヤドヴィカも登場します。

ところでMoMAと言えば、最近話題の対話型鑑賞VTS(Visual Thiking Strategies)の原型 となったVTC(Visual Thinking Curriculum)が開発された対話型鑑賞の原点のようなところですね。

【オンライン対話型鑑賞のプラットフォーム】では様々な絵画鑑賞プログラムやイベントを開催しています。

講座の開催スケジュール(プロトマニア)

講座の開催スケジュール(vts-platform)

 

【広告】

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(4)《レストランの内部》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  2. ブログ

    アンナミラーズ閉店で知った井村屋のアート思考的経営方法

    アフィリエイト広告を利用しています。スポンサーリンク…

  3. ブログ

    《みちのくいとしい仏たち》展、オススメです!

    《みちのくいとしい仏たち》展、オススメです!みなさん、こんにち…

  4. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。☆モヤモヤ感を解消するために(ポスト・スクリプ…

    前回は私が九段下のプロトマニアを中心に《ビジネスパーソンのための絵画鑑…

  5. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(2)《黄色い家》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  6. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《マルセル》 高樹のぶ子著

    昨日のブログでご紹介したアートミステリー小説私的ランキング第1位《マル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    絵画鑑賞の力がつけばイッキ描きの絵の良さがわかるというお話
  2. ブログ

    ゴッホの自画像、別の絵の裏から発見?!(スコットランド国立美術館)
  3. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(1)《夜のプ…
  4. ブログ

    ギュスターヴ・モローの《出現》= サロメについて
  5. ブログ

    イッキ描きの画家・菊地理氏の個展。9月24日(火)〜30日(月)
PAGE TOP