ブログ

ギュスターヴ・モローの《出現》= サロメについて

ギュスターヴ・モローは1826年にパリで生まれて、1898年に72歳でパリで亡くなりました。
モネよりは14歳上、ピサロとは4歳しか違いません。

モローは印象派とほぼ同時代に活躍しましたが、自然を対象とした印象派とはまったく違った作風で、神話や聖書に題材を得て、人間の内面を反映した幻想的な作品を描き続けました。

その中でも有名なのが、オルセー美術館にある《出現》というタイトルの絵です。


モロー 《出現》 水彩/紙 106 x 72.2 cm   オルセー美術館

妖艶な踊りと引き換えに洗礼者ヨハネの首をヘロデ王に望んだ《サロメ》の主題はルネサンスの時代から、ティツィアーノやカラヴァッジョなど歴代の巨匠たちが描いていますが、そのどれもが洗礼者ヨハネの首はお盆にのせられた状態で描かれています。


ティツィアーノ 《洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ》 1515年頃
油彩/カンヴァス 89.5 x 73 cm
ドーリア・パンフィーリ美術館  ローマ


カラヴァッジョ サロメ 1607 – 10年 油彩/カンヴァス 91.5 x 106.7 cm
ロンドン・ナショナル・ギャラリー


クラーナハ 洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ 1530年代 油彩/87 x 58 cm
ブダペスト国立美術館

一方、モローの絵では洗礼者ヨハネの首は空中に《出現》しています。

ヨハネの首がお盆にのせて運ばれてくるという即物的な表現ではなく、サロメにだけ見える幻影として描いたところに、モローのオリジナリティ=象徴主義があると言えます。

ところで、モローはこのサロメの場面を先ほどのオルセーの《出現》以外に複数のヴァリアントで描いています。


出現 1876年 油彩  ギュスターヴ・モロー美術館 パリ
この作品はオルセーの《出現》と共に、1876年のサロンに出品され高評価を得ました。


出現 1876年頃    油彩  フォッグ美術館(ハーヴァード大学)


ヘロデ王の前で踊るサロメ 1876年 油彩
アーマンド・ハマー美術館 ロサンゼルス


踊るサロメ(入墨のサロメ・刺青のサロメ)
1876年  油彩 92 x 60cm
ギュスターヴ・モロー美術館、パリ

【広告】


ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

  1. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(1)《夜のプロヴァンスの田舎道》…

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  2. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(5)《石膏像のある静物》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

  3. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《楽園のカンヴァス》 原田マハ著

    先日のブログでご紹介したアートミステリー小説 私的ランキング第2位《楽…

  4. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ)

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ編)…

  5. ブログ

    ルドゥーテのバラ図譜、フォリオ判とオクタヴォ判の違いを知ろう!

    《ロサ・インディカ・クルエンタ》のフォリオ判(右)とオクタヴヴォ判…

  6. ブログ

    《みちのくいとしい仏たち》展、オススメです!

    《みちのくいとしい仏たち》展、オススメです!みなさん、こんにち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    《ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 ♠ KING …
  2. ブログ

    東京都美術館の《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》まもなく終了です!…
  3. 未分類

    対話型鑑賞ファシリテーション・勉強会のご案内
  4. ブログ

    《みちのくいとしい仏たち》展、オススメです!
  5. ブログ

    ルドゥーテのバラ図譜、フォリオ判とオクタヴォ判の違いを知ろう!
PAGE TOP