ブログ

イベント紹介:対話型鑑賞のこれまでとこれから

 

《VTC/VTS日本上陸30周年記念フォーラム2022》

対話型鑑賞に少しでも興味のある方、必見のイベントです!

対話型鑑賞は、美術の世界は言うに及ばず、ビジネス、教育、医療など幅広い分野で近年大注目のアート鑑賞法です。

ところが、対話型鑑賞を知ろうとするとVTCとかVTSとかACOPなどの横文字言葉が出てきて混乱します。順に、ヴイ・ティ・シー、ヴイ・ティ・エス、エイコップと読みます。

VTCはVisual Thinking Curriculum、VTSはVisual Thinking Strategie、ACOPはArt Communication Projectの略です。まあ、なんのことかわかりませんよね!

VTCは1980年代後半にニューヨークの近代美術館(MoMA)で開発された鑑賞者間の対話(コミュニケーション)によるアート鑑賞法で、その開発責任者のフィリップ・ヤノウィン氏がMoMAを退職後、1990年代にVTCをベースに小学校教育用に開発したのがVTSです。

このVTCとVTSは早くも1990年代のはじめに日本に紹介されましたが、その紹介と普及に尽力したのが、今回のイベントの最初に国立新美術館館長の逢坂恵理子氏と《対話型鑑賞の黎明期》というテーマで対談する福のり子氏です。(このイベントのタイトルの由縁ですね!)

その福さんが2004年から京都造形大学(現京都芸術大学)で、VTC、VTSをベースに日本人向けに開発したのがACOPです。

私見ですが、現在日本各地で実践されている対話型鑑賞の多くがACOPの影響下にあると言えるのではないでしょうか。

対話型鑑賞の由来と現状を隈なく知ることのできる稀有のイベントになりそうです。

1年を経てこのイベントが本になりました!

【広告】

【広告】



ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

  1. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ)

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ編)…

  2. ブログ

    ヴィクトリア朝の画家・ウォーターハウス のオフィーリア3点と代表作10選

    ほとんどの美術好きの人がはまってしまう画家、19世紀イギリス、ヴィクト…

  3. ブログ

    夏にちなんだ絵:放浪の天才画家・長谷川利行の《水泳場》板橋区立美術館

    今日は夏にちなんだ絵をご紹介します。この絵、一…

  4. ブログ

    対話型鑑賞に興味のある人必読の本 《対話型鑑賞のこれまでとこれから》淡交社

    今日はおすすめの本をご紹介します。《対話型鑑賞のこれま…

  5. ブログ

    アートミステリー小説 私的おすすめ 《マルセル》 高樹のぶ子著

    昨日のブログでご紹介したアートミステリー小説私的ランキング第1位《マル…

  6. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(9)《レモン籠と瓶》

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》(東京都美術館)から♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(メイン・ストーリー)
  2. ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(7)《善きサ…
  3. ブログ

    ルノワール 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞闘会》
  4. ブログ

    《ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 ♠ KING …
  5. ブログ

    ロートレック《マルセル》から三菱一号館「1894 Visions ルドン、ロート…
PAGE TOP