イッキ描きについて

イッキ描きの画家・菊地理画伯の作品と画論が素晴らしいと評判のブログを紹介します。

菊地理(おさむ)
1950年 東京生まれ
祖父は蒔絵師で僧侶、父は風狂の画家・菊地辰幸という三代続く絵描きの家系。

早稲田大学東洋哲学科卒業後、フランスのボルドーにて絵画修行という異色の経歴の持ち主。

画家自身が《イッキ描き》と呼ぶ、感動を短時間で画面に定着する描き方はユニークのひと言につきます。

これまで5万枚以上描いて鍛えてきたという画力に裏打ちされた《イッキ描き》による生命力、
躍動感に満ちた表現は大変魅力的です。

描く対象への『優しいまなざし』と豊かな色彩で見る人に生きる『歓び』を感じさせてくれる絵です。

洋の東西を越えて美術の時空を往来するユニークな画論も素晴らしいとの評判です。

立葵 72.7x 60.6cm (F20)

青い部屋 45.5×37.9 cm (F8)

ピンクのバラ 53.0 x 45.5 cm (F10)

菊地画伯の作品をたくさんご覧になりたい方は以下のページからどうぞ!

新作中心 → イッキ描きギャラリー(ikkigaki-gallery)

菊地画伯の《イッキ描きブログ》をご覧になりたい方は以下のページからどうぞ!

イッキ描きブログを見る

イッキ描きについてもっと知りたいは以下のページもご覧下さい。

絵画鑑賞の力がつけばイッキ描きの絵の良さがわかるというお話

 

 

  1. ブログ

    「絵を見る力」を鍛えて絵画鑑賞を本当の趣味にしよう!
  2. 講座開催のお知らせ

    11月21日(木)開催 ベラスケスと《ラス・メニーナスの謎》(於:武蔵小杉、ヨー…
  3. 講座開催のお知らせ

    8月17日(土)開催:国際美術展のプロがナビゲートする《ビジネスパーソンのための…
  4. 講座開催のお知らせ

    国際美術展のプロがナビゲートする《ビジネスパーソンのための絵画鑑賞講座》  6月…
  5. 講座開催のお知らせ

    絵画鑑賞:コミュニティクラブたまがわ(玉川高島屋S・C東館)で7月から始まる《ビ…
PAGE TOP