講座開催のお知らせ

11月7日(木)開催 ゴッホ〜最晩年奇跡の2年間と自殺の謎(多摩毎日カルチャースクール)

小田急永山駅、京王永山駅から徒歩1分にある多摩毎日カルチャースクールで開催される絵画鑑賞講座のご案内です。

11月7日のテーマは《ゴッホ、最晩年奇跡の2年間と自殺の謎》です。

1.ゴッホの画家としてのキャリアは画家になると決意した27歳から37歳で自殺するまでのわずか10年間です。

そしてゴッホは南仏アルルに滞在した晩年のわずか2年余りの間に彼の傑作のほとんどが制作されました。

その間、30号の大作を2日に一枚の超ハイペースで制作しました。

では、ゴッホはなぜ南仏アルルに行ったのでしょう?

アルルのはね橋 1888年

 

夜のカフェテラス 
1888年9月

 

ひまわり 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー
1888年8月

 

星月夜  1889年

 

2.ゴッホは手紙魔としても有名ですが、「ゴッホの手紙」にはクレポンという言葉が頻繁に登場します。

このクレポンは浮世絵と訳されることが多いのですが、正確には少し違います!

はたしてクレポンとはなんだったのでしょう?

クレポン

 

3.長年ゴッホの最後は自殺だとされてきましたが、最近では他殺説も多くささやかれています。

はたしてゴッホの自殺への疑問とは

烏のいる麦畑
1890年7月

 

これら3つの疑問をイントロに参加者全員で《絵をしゃべる!》を楽しく実践してみませんか?

受講料等の詳細は多摩毎日カルチャースクールのHPで御覧ください。

 

お申込みは042-374-7411(多摩毎日カルチャースクール)

 

ピックアップ記事

  1. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  2. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  3. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 講座開催のお知らせ

    絵画鑑賞:コミュニティクラブたまがわ(玉川高島屋S・C東館)で7月から始まる講座…
  2. 講座開催のお知らせ

    7月28日(日)開催  第62回《プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』》抽象絵画への…
  3. 未分類

    おすすめ情報!!「アート&コミュニケーションで鍛える 先がみえない時代…
  4. 講座開催のお知らせ

    国際美術展のプロがナビゲートする《ビジネスパーソンのための絵画鑑賞講座》  6月…
  5. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ)
PAGE TOP