講座開催のお知らせ

1月6日(水)20:30 – 22:00 開催:ロートレック入門

これまで美術館向けの展覧会を60位上手がけてきた国際美術展プロデューサーが「絵をしゃべろう!」をコンセプトにファシリテートする絵画鑑賞のオンライン講座です。

美術の歴史的流れや、作品にまつわるエピソードまで聞きながら、講師、参加者と一緒に対話しながら絵画を鑑賞します。

みんなで絵を話すシーンが増えたら、きっと世界は素敵になる♪ 人の感想を聞くだけでも、今までにない刺激や発見がありますよ。

初めての参加も大丈夫(しゃべらないで参加ももちろんOKです)。

自宅にいながら、みんなで複数の作品を見て、絵画を楽しみましょう!

今回は、ムーラン・ルージュのポスターや絵画で有名なロートレックを取り上げます。

トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)は19世紀末パリの歓楽街モンマルトルを自らのアトリエとし、そこに生きた人々の真実の姿を、鋭い観察力と卓越したデッサン力で活写しました。

ロートレックは37年という短い生涯の間に、数多くの油彩画の名作を残しましたが、他方で実用的なポスターを大芸術の域にまで高めたことでも有名です。まさに今、三菱一号館美術館の《1894 Visions ルドン、 ロートレック展》で彼の作品が見られますね。

ロートレックと言えば、まず「ムーラン・ルージュ」のポスターを思い浮かべる人も多いと思います。当時、大成功をおさめたそのポスターには人気の踊り子「大食らいのラ・グーリュ」や彼女の踊りのパートナー「骨なしヴァランタン」が特徴のある姿で永遠の命を与えられています。今回のロートレック入門では、彼の油彩とポスターの代表作を鑑賞しながら、世紀末パリの雰囲気も楽しみたいと思います。

講座は2部構成です。まず、ロートレックの代表作1点をVTS(Visual Thinking Strategies)というメソッドで鑑賞し、作品や画家に対する理解を深めます。VTSは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開発された手法で、1枚の絵をグループの対話を通して鑑賞します。最近では、ビジネスや敎育の分野でも大変注目されています。

次に、ロートレックの初期から晩年まで、画風の変遷がわかる作品を20〜30点鑑賞します。当時の写真やエピソードをご紹介しつつ、みなさんの感想をヒントにして、ロートレック・ワールドへの扉を開きます。

ムーラン・ルージュの舞踏会 1890年

画面中央で踊っているのが、当時のムーラン・ルージュの人気者「おお喰らいラ・グーリュ」と『骨なしヴァランタン』

詳細、お申込みはこちらから

 

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  3. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:11月29日(日)10:30-12:00 オンライン開催【はじめての対話型鑑賞】ルノワール…

    【はじめての対話型鑑賞】ルノワール入門ー絵とは愛想がよくて、楽しく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 講座開催のお知らせ

    多摩毎日カルチャースクール 第2回《五感で感じる絵画鑑賞講座》   5月2日(木…
  2. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:3月17日(水)20:30-22:00 オンライン開催【楽しく学べる対…
  3. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:5月22日(金)開催。《絵をしゃべろう!!「絵画鑑賞 白熱講座オンライ…
  4. 講座開催のお知らせ

    9月27日(日)開催 第74回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱…
  5. ゴッホ 種まく人

    ブログ

    《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ハイライト作品紹介(3)《種まく…
PAGE TOP