講座開催のお知らせ

お知らせ:11月29日(日)10:30-12:00 オンライン開催【はじめての対話型鑑賞】ルノワール入門「絵とは愛想がよくて、楽しくて、きれいなもの」

【はじめての対話型鑑賞】ルノワール入門

ー絵とは愛想がよくて、楽しくて、きれいなものー

ピアノを弾く少女たち
1892年

 

オンラインで開催します。

モネと並ぶ印象派の巨匠ルノワール。二人は親友でした。若い頃は戸外でイーゼルを並べて、一緒に絵を描いたりもしています。モネは長い画業を通じて、一貫して「光」を追い求めました。

一方、ルノワールは印象派の冒険のあとは、モネとは違う道を歩み、独自の世界に到達します。それは、無邪気な子供、健康美にみちた若い女性、豊麗な裸婦など、生命感や幸福感に満ちた世界でした。

あまりに人気のあるルノワールの絵は、時に通俗的だとか思想がないなどと批判されることもあります。それらの批判に対してルノワールは次のように語っています。

《ぼくにとって絵は愛想がよくて、楽しくて、きれいなもの。人生にはすでに面倒なことが多い、その上、絵で面倒をふやすことはない》

ルノワールの画風の変遷をたどりながら、人間讃歌に満ちた世界を堪能しましょう!

講座は2部構成で行います。

パート I

ルノワールの作品1点をVTS (Visual Thinking Strategies)をベースにしたオリジナル・メソッド『VTSプラス』で鑑賞します。

パート II

ルノワールの作品をたくさん見てルノワールの世界を感じた上で、個々の作品について参加者同士の気づきや感じたことなどを話し合いながら鑑賞を進めていきます。

【こんな方におすすめです】

●ルノワールの絵はなんとなく知っているけど、どの絵が印象派でどれがそうじゃないのかよくわからない。

●本にあるような解説ではなくて、ほかの人がルノワールの絵についてどんなことをしゃべるのか聞いてみたい。

●絵について発言した経験はないけど、どんなことをしゃべってもいいのであればしゃべってみたい。(最初からしゃべるのはちょっと・・・という方には「しゃべらないで参加」ももちろん大丈夫です)

●とりあえずルノワールのワールド(創造世界)に触れてみたい。

●絵画鑑賞の楽しさを味わいたい。

詳細、お申込みはこちらからどうぞ

舟遊びをする人々の昼食
1881年

 

足を拭く浴女
1910年

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…
  3. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…

関連記事

  1. 講座開催のお知らせ

    12月12日(土)20:30 – 22:00 開催:【楽しく学べる対話型アート鑑賞】モデ…

    今回は『モンパルナスの貴公子』と呼ばれたエコール・ド・パリを代表する画…

  2. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:6月12日(金)20:30-22:00 オンライン開催。《はじめての対話型鑑賞「絵画鑑賞入…

    《はじめての対話型鑑賞「絵画鑑賞入門シリーズ」<ルノワール>》…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. ブログ

    《没後90年記念 岸田劉生展》始まる! 私的、鑑賞のポイント
  2. 講座開催のお知らせ

    新規開講:6月11日(土)【対話型アート鑑賞】ファシリテータ養成集中講座《1日で…
  3. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:3月19日(金)20:30-22:00 オンライン開催【楽しく学べる対…
  4. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:1月22日(金)20:30 – 22:00 オンライン開催…
  5. ブログ

    東京都美術館の《ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》まもなく終了です!…
PAGE TOP