講座開催のお知らせ

お知らせ:11月13日(金)20:30-22:00 開催 【はじめての対話型アート鑑賞】 フェリックス・ヴァロットン入門 親密さの中の冷気を描いた画家

当講座オリジナルの《VTSプラス》《たくさん絵を見る対話型鑑賞》2部構成でおこなう対話型鑑賞の入門講座です。

対話型鑑賞でおしゃべりしながら「絵を見る・感じる」経験ができるだけでなく、絵画鑑賞に役立つ知識も身につきます。

今回は、ナビ派の異端児フェリックス・ヴァロットンをとりあげます。

ヴァロットンは日本ではあまり知られていませんでしたが、2014年に三菱一号館美術館ヴァロットン展が開催されたあとその不思議な画風に注目が集まり一挙に注目度があがりました。

ポスターに使われた作品《ボール(Le Ballon)》(オルセー美術館蔵)に見覚えのある方も多いのではないでしょうか?


ナビ派は、19世紀末のパリで印象派の自然再現的な絵画にあきたらなかった、当時の若い画家たちボナールやヴュイヤールが、ゴーギャンの教えに共鳴して結成した前衛的な芸術家集団です。ナビ派の大きな特徴のひとつは、日常的な情景を題材に家族間や友人間の「親密さ(アンティミテ)」を装飾的な画面に表現したことです。

ヴァロットンの絵にも、家族の情景を描いたものがたくさんあり、一見アンティミテを描いているようです。しかし、よく見るとそこには何か不穏な空気、アンティミテとは相容れない冷たさのようなものが感じられます。それはいったいなぜか?この入門講座でみなさんいと一緒に、ヴァロットンの絵画の鑑賞をしながら解明してみたいと思います。

講座は2部構成です。まず、ヴァロットンの代表作1点をVTS(Visual Thinking Strategies)というメソッドで鑑賞し、代表作や画家に対する理解を深めます。VTSは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開発された手法で、1枚の絵をグループの対話を通して鑑賞します。最近では、ビジネスや敎育の分野でも大変注目されています。

次に、ヴァロットンの初期から晩年まで、画風の変遷がわかる作品を20〜30点鑑賞します。当時の写真やエピソード、ヴァロットンの言葉などを紹介しつつ、みなさんの感想もうかがいながら、ヴァロットンの世界へご案内します。

講座の詳細、お申込みはこちらからどうぞ

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  3. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…

関連記事

  1. 講座開催のお知らせ

    2月8日(土)開催の講座 ビジネスパーソン 〜 大人の対話型絵画鑑賞

    ビジネスの分野で大注目、アートの対話型鑑賞法 (≒VTS)最近では…

  2. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:8月15日(土)13:30 – 15:00 オンライン開催【はじめての対話型ア…

    昨年開催された2つの展覧会、《クリムト展 ウィーンと日本 1900》と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. ブログ

    絵画鑑賞の力がつけばイッキ描きの絵の良さがわかるというお話
  2. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。☆大人の絵画鑑賞でVTSを…
  3. 講座開催のお知らせ

    8月17日(土)開催:国際美術展のプロがナビゲートする《ビジネスパーソンのための…
  4. 講座開催のお知らせ

    11月5日(火)展覧会のプロに学ぶ《絵画鑑賞の魅力》 於:コミュニティークラブた…
  5. 講座開催のお知らせ

    11月22日オンライン開催 第76回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑…
PAGE TOP