講座開催のお知らせ

4月8日(金)オンライン開催 【楽しく学べる対話型アート鑑賞】ゴヤ入門 〜 スペインの光と影(ソル・イ・ソンブラ) 〜

今回は、ゴヤをとりあげます。
折りしも、《ゴヤの名画と優しい泥棒》という映画が絶賛公開中ですね。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーで実際に起きたゴヤの名画盗難事件を描いた映画です。
その名画とはゴヤがイギリスの英雄を描いた《ウエリントン公爵》。

一昨年に東京、大阪で開催されたロンドン・ナショナル・ギャラリー展でご覧になった方も多いのではないでしょうか。

ゴヤはベラスケスと並ぶスペインの二大巨匠のひとりです。
しかし、ベラスケスとは作風も生き方も全く異なります。
ベラスケスは23歳という若さで宮廷画家になり、スペイン国王フェリペ4世の恩寵を受け、安定した宮廷人として一生を終えました。

一方ゴヤは、10年以上もタペストリー工場の下絵描きをやったあと、苦労の末、40歳になってやっと宮廷画家になりました。
ところが、40代半ばで謎の熱病に冒され聴力を失います。そのあと、彼の代表作となる《裸のマハ》、《着衣のマハ》を描きます。

ほどなくナポレオンの侵攻とそれに続くスペイン独立戦争が起こり、戦争の悲惨さを目の当たりにします。その経験から《戦争の惨禍》という版画集にも取り組みます。

70歳を過ぎてから、マドリード郊外に購入した通称『聾者の家』にひきもこり、その家の壁に、誰に見せるためでもない《黒い絵》と呼ばれる謎に満ちた14枚の壁画を描きます。これらの絵の真の意図はいまだに解明されていません。晩年には自由主義者への弾圧を避けるため、フランスヘの亡命を余儀なくされ、ボルドーで波乱にみちた82歳の生涯を閉じました。
この入門講座でごいっしょに、ゴヤの絵画の謎、人生の謎を巡る旅をしてみませんか!

詳細・お申込みはこちらからどうぞ

そのほかの対話型絵画鑑賞講座のご案内はこちらからどうぞ

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. ゴッホ展(上野の森美術館)のコンセプトから《ピンクの桃の木(モーヴの思い出)》を…
  2. 第60回を記念して、プロトマニア『絵画鑑賞白熱講座』の全60テーマをご紹介します…
  3. 〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』   戦後美術、《抽象表現…

関連記事

  1. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:10月15日(土)・16日(日)【対話型鑑賞】ファシリテータ養成集中講座(2日バージョン)…

    少人数、2日間で、対話型鑑賞ファシリテータに必要な基礎知識を学び、実践…

  2. 講座開催のお知らせ

    1月3日(日)13:30 – 15:30 開催:【特別講座】お正月に琳派を楽しむ! 宗達…

    これまで美術館向けの展覧会を60以上手がけてきた国際美術展プロデューサ…

  3. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:東京九段下でリアル開催 10月14日(土)&15日(日)【対話型鑑賞】VTS ファシリテー…

    2日間で集中して、対話型鑑賞のファシリテーターに必要な基礎知識とスキル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. ブログ

    ギュスターヴ・モローの《出現》= サロメについて
  2. ブログ

    大人の絵画鑑賞としての対話型鑑賞(≒VTS)を考える。(イントロ)
  3. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:6月21日(日)10:00-11:30 オンライン開催。【対話型アート…
  4. 講座開催のお知らせ

    お知らせ:東京九段下でリアル開催 8月19日(土)&20日(日)【対話型鑑賞】V…
  5. ブログ

    パウル・クレーのチュニジア旅行《色彩画家宣言》と第一次世界大戦の勃発
PAGE TOP